前のページに戻る

10/13(土)熊本県人権子ども集会で白旗小児童が学校での取り組みについて発表

更新日:2018年11月6日

優しい声掛けを通して「いじめゼロ」の白旗小へ

 平成30年10月13日(土)パークドーム熊本(熊本市東区)で熊本県人権子ども集会が開催され、白旗小児童が学校での取り組みなどについて発表しました。

 同集会は部落差別をはじめとするあらゆる差別をなくし、人権が共存する人権尊重社会の実現を目指して開催される集会で、県教育委員会が主催。県内在住の児童生徒や教育関係者など8000人以上が参加し、子ども実行委員の企画・運営により、県内の小・中学校や高等学校の体験・活動報告などが行われました。

 同集会に参加した白旗小学校(岩下勇治校長106人)の2〜6年生の約40人は、1人ひとりの優しい声掛けを通して「いじめゼロで笑顔いっぱいの白旗小にする取り組み」や白旗小出身の甲佐中学校生徒と一緒に行った「小中合同挨拶運動」、白旗仮設住宅の入居者に児童たちが種から育てた花を届けた「フラワースマイルプロジェクト」などについて発表しました。

 ステージ上で学校での取り組みについて発表する児童たち


▲ステージ上で学校での取り組みを発表する白旗小の児童たち


お問い合わせ

甲佐町教育委員会 学校教育課 学校教育係
電話番号:096-234-0102この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る