前のページに戻る

10/27(土)甲佐高で「青垣祭トーク・フォークダンス」が開催

更新日:2018年11月5日

甲佐高校生が地域住民らと対話を通して地域とのつながりを深める

 平成30年10月27日(土)甲佐高校で、「青垣祭トーク・フォークダンス」が開催されました。

 同イベントは、同高(本山幸広校長106人)の文化祭である「青垣祭」の一環として、同高生を対象に平成29年11月開塾した甲佐町公営塾「あゆみ学舎」が開催。同高の生徒と地域住民との異世代交流を通して地域とのつながりを深め、生徒が大人との対話を通して自己肯定感やコミュニケーション能力を高めることを目的に、同高の生徒や地域住民ら総勢約200人が参加しました。

 トーク・フォークダンスは、フォークダンスのように生徒と大人の2人1組になり、出題されるテーマについて相手に自分の考えを伝え合い、相手を代えながら対話を繰り返す企画。熊本県内の単独校で実施されるのは今回がはじめてで、「文化祭の思い出」や「校長先生(総理大臣)にお願いしたいこと」「1人にだけありがとうと伝えるなら誰」といったテーマごとに、参加者は自分の考えを1〜2分間で相手に話しました。

 参加した生徒からは「普段話をする機会のない地域の方々と会話ができて楽しかったです」といった声が聞かれ、同イベントを企画した同塾の越名智美さん(大町区)は「生徒たちが楽しそうでよかったです。話すことが苦手な子も、話し相手が良さを引き出してくれたのか楽しめたようです」と感想を述べました。

 甲佐高校体育館で行われたトークフォークダンスで会話を楽しむ参加者ら


▲甲佐高校体育館で開催されたトークフォークダンスで甲佐高校生との会話を楽しむ地域住民ら


お問い合わせ

甲佐町教育委員会 学校教育課 学校教育係
電話番号:096-234-0102この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る