前のページに戻る

男女共同参画コーナー(11月号)

更新日:2017年11月1日

11月は「ドメスティック・バイオレンス(DV)防止推進月間」です

  「DV」とは、「ドメスティック・バイオレンス」の略で、夫婦や恋人など親密な関係にある、または、あった男女間で起こる暴力のことです。身体的な暴力のほかに、精神的暴力や経済的暴力、性的暴力などがあります。相手を思い通りにするために、身体や心を傷つける行為は、すべて暴力だと考えられます。

 DVは長い間、個人的な問題と考えられ、犯罪になることはないと思われていました。しかし、DVに関する事件や相談は年々増加し、大きな社会問題になっています。内閣府の調査によると、約20人に1人の女性が命の危険を感じるほどの暴力を夫などから受けたことがあると答えています。女性から男性へのDVもありますが、9割以上の被害者は女性です。体格差や経済的に自立することの難しさなどから、女性が受ける被害の方が深刻なものになりやすいという現状があります。

 不安なことがあったら、1人で悩まず友人や外部の相談機関に相談する勇気を持ちましょう。

DV相談ナビについて

 DV相談ナビ


夫などからの暴力に悩んでいることを、どこに相談すればよいのか分からないという方のために、全国共通の電話番号(0570-0-55210)から、相談機関を案内するDV相談ナビサービスを実施しています。発信地などの情報から最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送され、直接ご相談いただくことができます。


お問い合わせ

甲佐町役場 総務課 総務係
電話番号:096-234-1140この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る