前のページに戻る

図書だより

更新日:2017年7月1日

わたしのおすすめ図書

『エルマーとりゅう』著者:ルース・スタイルス・ガネット(福音館書店)

 町の図書室から、会話をしながら出て来る親子。幼い子が持つ手提げには、数冊の絵本が覗いています。「家に帰って、絵本を読んでね。」と話しているのでしょう。新しい本との出会いに心弾む様子が感じられます。
 私も担任をしていた頃に、子どもたちに読み聞かせをしていたことを思い出します。給食の時間のはじめの5分ぐらい、図書室から借りてきた本を読んでいました。本を開いて読み始めますと、前の日の話の続きに皆の関心がすっと集まってきます。低学年の子どもたちが特に好きだった本は、「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」のシリーズでした。空色と黄色のストライプ模様をしたリュウの子どものボリスは、“どうぶつ島”に墜落して動物たちに捕らえられてしまいます。年をとったのらねこからそのことを聞いた勇敢な少年エルマーが、ボリスを助け出しにいくという冒険物語です。
 読み聞かせを終えた本を図書室に返しますと、すぐにその本を借りて自分たちで読んでいました。子どもたちは、何度も読むことで、さらに想像を膨らませてお話を楽しんでいるようでした。
 きっと今頃、あのお子さんも、おうちの人と一緒に絵本のおもしろさを味わっていることでしょう。

 おすすめ図書


 

 

「和田内区」

竹田 泰司さん

 

「エルマーとりゅう」内容  

「エルマーのぼうけん」の続編。ぶじ動物島を脱出したエルマーとりゅうが、「知りたがり病」という病気をめぐって大活躍。一度読みはじめたらやめられない抜群のおもしろさです。

おすすめ図書

 

 

 

 

あなたの「おすすめ図書」をご紹介してみませんか?

 図書室からのお知らせ

  • 本の入荷について

図書室では、新刊本や話題の本など、新しい本を入荷しています。

本のリクエストについても、図書室カウンターにて受け付けています。皆さんの読みたい本や気になる本などありましたら、お知らせください。

また、お探しの本などがありましたら、お気軽にカウンターにご相談ください。 

 


お問い合わせ

甲佐町教育委員会 社会教育課 社会教育係
電話番号:096-234-2447この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る