前のページに戻る

総合保健福祉センター「あゆみだより」〜年末年始、食べ過ぎに注意しましょう(平成29年12月)〜

更新日:2017年12月1日

『広報こうさ』の「食事の話」

年末年始、食べ過ぎに注意しましょう

 早いもので、もう師走になりました。これからの季節、クリスマスに年末年始のイベントと、食べ飲みする機会が多いことでしょう。

 皆様に年末年始の食べ過ぎに注意していただきたく、今回は食事のことを取り上げてみたいと思います。

自分の「エネルギー摂取量」、ご存知ですか?

 「エネルギー」というと分かりにくいかもしれませんが、「カロリー」というと親しみがありませんか?エネルギーの単位を、栄養学では「カロリー」を用いて表現しています。

 「エネルギー摂取量」は、その人の体格と身体活動量で決まります。算出方法は、「エネルギー摂取量」=標準体重×身体活動量 です。

 標準体重とは、肥満度の判定に用いられるBMI(Body Mass Index)が22.0となる体重で、統計上肥満との関連が強い糖尿病・高血圧・脂質異常症に最もかかりにくい体重だと言われています。自分の身長から出すことができ、身長(m)×身長(m)×22 で算出される体重が標準体重となります。

 身体活動量とは、体を動かす程度によって決まるエネルギー必要量で、

  • 軽労作(デスクワークが主)の方→25〜35kcal/kg
  • 普通の労作(立ち仕事が主)の方→30〜35kcal/kg
  • 重い労作(力仕事が主)の方→35〜 kcal/kg

 これが目安となります。

 私の場合で計算してみると、身長165cm、軽労作で28kcal/kgとして、標準体重(1.65m×1.65m×22)×身体活動量(28kcal/kg)=1,677kcal

 このように算出できます。身長と身体活動量によって、「エネルギー摂取量」は大きく違います。自分の「エネルギー摂取量」はどのくらいでしたか?

 今は、店頭に並んでいる食品や外食の店舗などでも、食品のエネルギー(カロリー)表示をしているところが増えてきています。手に取った時に、ぜひエネルギー表示をチェックしてみて下さいね。

 

おやつも食べたい!どのくらい食べていいの?

 おやつの程度としては、先ほど算出した「エネルギー摂取量」の10%以内、です。私の場合は、エネルギー摂取量が1,677kcalなので、おやつは167kcal以内となります。食べたいお菓子やジュースは、エネルギー摂取量の10%を超えていませんか?以下、参考にしてみてください。

【和菓子】

  • あんぱん60g→168kcal
  • ようかん50g→150kcal
  • くり饅頭70g→210kcal

【洋菓子】

  • デニッシュパン40g→158kcal
  • シュークリーム90g→220kcal
  • ラクトアイス200g→380kcal
  • ドーナツ100g→430kcal

※「2015 オールガイド食品成分表」より

 ここまで色々書いてきましたが、食べ過ぎていないか確認する手っ取り早い方法があります。それは、「毎日体重を測る」ことです。体重に変化がなければ、食べ過ぎてはいないはずです。エネルギーを考えるのは難しい、という方は、体重を目安にしてください。

 誘惑の多いこの季節を乗り越えて、健康な身体を保ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 


お問い合わせ

甲佐町役場 総合保健福祉センター 総合保健福祉センター係
電話番号:096-235-8711この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る