前のページに戻る

平成27年10月以降、12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されました

更新日:2017年6月1日

社会保障・税番号制度(通称「マイナンバー制度」)の導入により、平成27年10月から住民票に記載のある人に個人番号(マイナンバー)が指定され、地方公共団体情報システム機構(総務省の関係団体)から「通知カード」や「個人番号カード交付申請書」などが、皆さん1人1人に郵送されています。

 

通知カードについて

「通知カード」は、数字12桁の個人番号と基本4情報が記載されます。「通知カード」は行政手続きや個人番号カードの申請に関して必要になりますので、大切に保管してください。

通知カード

 

通知カードの送付について

「通知カード」は皆さんの住民票の住所に送付されています。やむを得ない理由により住民票の住所地で受け取ることができない人で、居所情報の登録をされた方は、登録した居所地に送付されています。

※詳しくは、住民票のある市区町村にご相談ください。

  • 東日本大震災による被災者で、住所地以外の居所に避難されている人
  • ドメスティック・バイオレンス(DV)、ストーカー行為、児童虐待などの被害者で、住所地以外の居所に移動されている人
  • 1人暮らしで、長期間、医療機関・施設に入院・入所されている人

通知カード封筒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在お住まいの場所(居所)の登録方法

現在お住まいの場所(居所)に通知カードを送付するための居所の登録方法は、以下のとおりです。

「通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書」を入手し、氏名、居所、やむを得ない理由などの情報を記入してください。申請書はお近くの市区町村、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/)、相談機関などで入手いただけます。

添付書類
  • 申請書の本人確認書類(運転免許証など)
  • 居所に居住することを証する書類(公共料金の領収書など)
  • 代理人の代理権を証明する書類(委任状など)【代理人が申請する場合】
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証など)【代理人が申請する場合】

上記の書類を添付した申請書を、住民票のある市区町村の窓口にお持ちいただくか、郵送してください。

ご不明点は、住民票のある市区町村の窓口にお問い合わせください。

個人番号カード(マイナンバーカード)について

「個人番号カード」の表面には顔写真、基本4情報及び有効期限が記載され、裏面には個人番号、氏名、生年月日が記載されます。個人番号は公的な身分証明書として利用できるほか、公的個人認証の機能が標準装備されます。「個人番号カード」の取得は希望する人のみです。初回交付手数料は無料です。現在は申請後、約1か月ほどでできあがります。送付済みの通知カードに添付の個人番号カード交付申請書にて申請ください。住所変更された方や、交付申請書を紛失された方は町住民生活課で再発行しますので、おたずねください。

※詳しくはこちらから                                               マイナンバーカード総合サイト(https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/index.html)


                     【個人番号カード】

マイナンバーカード

 

 

 

 

 

 


 

 

「住民基本台帳カード」から「個人番号カード(マイナンバーカード)」へ変わりました

マイナンバー制度の導入に伴い、現在の「住民基本台帳カード」の発行は平成27年12月末をもって終了となりました。ただし、すでに発行された「住民基本台帳カード」は原則として有効期間内は引き続き有効です。
平成28年1月以降は「住民基本台帳カード」の発行は行わず、「個人番号カード(マイナンバーカード)」の発行へ変わりました。

 

コールセンターおよび詳細について

内閣府では、マイナンバー制度に関するお問い合わせのためのコールセンターを開設しています。

  • コールセンター 0570-20-0178(土・日曜日および祝日、年末年始を除く午前9時30分〜午後5時30分)

マイナンバー制度等についての詳細、最新情報などについては国(内閣府)の「社会保障・税番号制度」のホームページをご覧ください。

関連リンク

 


追加情報

この記事には外部リンクが含まれています。


お問い合わせ

甲佐町役場 住民生活課 住民係
電話番号:096-234-1113この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る