前のページに戻る

熊本地震で被災した宅地の復旧支援について

更新日:2017年5月1日

宅地復旧における支援について

熊本地震による宅地の被害について、公共事業(宅地耐震化推進事業)と熊本地震復興基金(被災宅地復旧支援事業)により復旧を支援します。

この支援に関する事前相談を、平成29年4月21日(金)から町建設課窓口にて受け付けています。


 

宅地耐震化推進事業について(公共事業)

熊本地震により被災した宅地の擁壁の復旧などを公共事業として行います。公共事業として行うため、対象工事にかかる自己負担はありません。

●要件(以下の1〜3の要件をすべて満たすもの)

  1. 盛土(擁壁、斜面)の高さが2m以上ある
  2. 盛土(擁壁、斜面)の上に家屋が2戸以上ある
  3. 盛土(擁壁、斜面)の前に避難路、河川等がある

※すでに復旧工事を行ったものは対象となりません。

※ひび割れ、目地詰めなどの補修工事のみは対象となりません。

被災宅地復旧支援事業について(熊本地震復興基金)

熊本地震により被災した、のり面・擁壁の復旧、地盤復旧、地盤改良、住宅基礎の傾斜修復工事費の一部を補助します。

●対象工事

  1.  復旧工事(宅地被害に対して原形に復旧することを基本とする工事)

   ア. のり面の復旧工事

   イ. 擁壁の復旧工事

   ウ. 地盤の復旧工事

 2. 地盤改良工事(液状化が発生した区域における再度災害防止のための工事)

 3. 住宅傾斜修復工事(住宅建屋の基礎の沈下または傾斜を修復する工事)

 ※上記工事に関する調査および設計費も含みます。

 ※既に工事が完了しているものも含みます。

 ※地盤改良工事については、液状化が発生したと見られる区域が対象となります。

 

●補助額

 対象工事の経費から50万円を控除した額の3分の2を補助

 ※工事費1,000万円以上の場合、663万3千円を限度とします。

 ※補助金の申請は1宅地1回となります。 

お持ちいただく物

被害状況が分かる写真などをお持ちください。

受付時間

平日の午前8時30分から午後5時まで

 

宅地復旧における支援について(PDF 約53KB)


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

甲佐町役場 建設課 管理係
電話番号:096-234-1183この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る