前のページに戻る

国民年金の納付免除・猶予期間がある方へ

更新日:2017年8月2日

国民年金保険料の追納制度をご利用ください

保険料を追納(後払い)すると、年金の受取額を増やすことができます

 国民年金保険料の免除、納付猶予、学生納付特例の承認を受けた期間がある場合、保険料を全額納めた場合と比べ、65歳から受けられる老齢基礎年金の受け取り額が少なくなります。

 しかし、免除などの承認を受けた期間の保険料については、10年以内であればさかのぼって納めることができる追納制度があり、将来受け取る老齢基礎年金額を増やすことができます。また、社会保険料控除により、所得税・住民税が軽減されますので、追納されることをお勧めします。

追納制度に関する注意点

  • 保険料の追納を行う場合には、年金事務所への事前の申し込みが必要です。

  • 年金機構から発行される納付書によりお支払いができます(口座振替やクレジットカード納付はできません)。

  • 承認された期間のうち、原則として古い月の保険料から納付することになります。

  • 一部免除(半額・1/4・3/4)を受けた期間は、納付すべき保険料を納めていなければ、追納することはできません。

  • 承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降の追納の場合、当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされますので、早めの追納をお勧めします。

お問い合わせ先

 追納制度に関する詳細は、熊本東年金機構へお尋ねください。

 電話:096-367-8144


お問い合わせ

甲佐町役場 住民生活課 住民係
電話番号:096-234-1113この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る