前のページに戻る

国民年金加入の手続きはお済ですか?

更新日:2017年2月13日

国民年金への加入手続きが必要です

対象となる方

 日本国内に住む20歳以上60歳未満の方は、国民年金への加入が法律で義務付けられています。

 学生の方でも、20歳になったら国民年金の加入の届出が必要になります。

 このほか、勤務先を退職された方は、厚生年金から国民年金への変更の手続きが必要です。また、勤務先を退職された方に扶養されていた配偶者の方や、収入が増加したことで扶養から外れた配偶者の方も、国民年金への切り替え手続きが必要です。

学生納付特例制度

 学生の方は、所得が一般的に少ないため、本人の所得が一定以下の場合、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。

 未納のままにしておくと、老後の受け取りだけでなく、万が一けがや病気などで障害が残ったときに、保障が受けられない場合がありますので、納付ができない方は、学生特例制度の申請をしておきましょう。

 承認期間は、4月から翌年3月までで、2年1か月前までさかのぼって申請することができます。ただし、特例を受けた期間は、年金を受けるために必要な期間に計算されますが、金額は反映されません。10年以内であれば、さかのぼって納付できる追納制度がありますので、将来受け取る年金額を増やすために、追納をお勧めします。

 申請には、学生証または在学証明書が必要です。

特例追納制度

 配偶者の年金切り替えの手続きが2年以上遅れた場合、届出により年金を受けるために必要な期間に参入することができ、平成30年3月31日までの間は、特定保険料を納付(特例追納)することで、年金額を増やすことができる場合があります。ただし、既に年金を受け取っている方は、特例追納をしても、年金額が増えない場合があります。

 詳しくは、年金加入者ダイヤルまたは熊本東年金事務所にお問い合わせください。

お問い合わせ先

町住民生活課  096-234-1113 (内線104)

熊本東年金事務所 096-367-8144

年金加入者ダイヤル:0570-003-004 


お問い合わせ

甲佐町役場 住民生活課 住民係
電話番号:096-234-1113この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る