前のページに戻る

新成人のみなさまへ 20歳になったら国民年金

更新日:2016年11月29日

新成人のみなさまへ 20歳になったら国民年金

国民年金は支え合いの制度

国民年金は、年をとったときやいざというときの生活を、現役世代のみんなで支えようという考えで作られた仕組みです。

具体的には、20歳から60歳までの人が加入し、国民年金保険料を納め続けることで、年をとったときや病気やけがで障がいが残ったとき、家族の働き手が亡くなったときに、年金を受け取ることができる制度です。

国が責任をもって運営するため、安定していますし、年金の給付は生涯にわたって保障されます。

年金の給付は3種類

国民年金には、65歳以降、生涯にわたり受け取れる老齢年金のほかに、病気や事故で障がいが残った場合に受け取れる障害年金や、加入者が死亡した場合、その加入者により生計を維持されていた遺族(子のある配偶者は子)が受け取れる遺族年金があります。

国民年金保険料免除・猶予制度

国民年金保険料の納付が経済的に困難な場合、保険料の納付が「免除」または「猶予」される制度があります。また、学生の人は一般的に所得が少ないため、本人の所得が一定額以下の場合、保険料の納付が猶予される学生納付特例制度があります。

国民年金保険料は期限までに納めましょう

  国民年金保険料を未納のままにしておくと、将来やいざというときに年金が受け取れないことがありますので、保険料は必ず期限までに納めましょう。

お問い合わせ先

国民年金のご相談・手続きについては、町住民生活課または熊本東年金事務所へお問い合わせください。

町住民生活課 電話 096-234-1113 (内線104)

熊本東年金事務所 電話096-367-8144


お問い合わせ

甲佐町役場 住民生活課 住民係
電話番号:096-234-1113この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る