前のページに戻る

熊本地震からの早期復興を目指す「甲佐町復興指針」を策定しました

更新日:2016年5月23日

甲佐町復興指針「〜創生を見据えた復興へ〜」を策定しました

 このたび町では、本町の早期復興を成し遂げていくために、現時点における基本的な考え方を示す「甲佐町復興指針」を策定しました。

 平成28年4月14日(木)に発生した熊本地震は本町に甚大な被害をもたらし、発生から1か月を経過した現在でも、いまだ避難所や車中での避難生活を余儀なくされる町民の方も多く見受けられる状況です。

 震災発生後から町職員および関係機関などによる迅速かつ懸命な震災対応を行い、現在では罹災(りさい)証明書の発行および応急仮設住宅や各種支援制度の申請受付など、被災者の生活再建に向けた支援までのステップに到達はしたものの、被災者および町民の皆様が一刻も早く安全・安心に暮らすことができる環境づくりへの加速化が求められます。

 今後は、被災者の生活再建に向けた支援を強力に推進するとともに、次のステップとして将来にわたって安全・安心な生活環境を確保し、同時により良い甲佐町を築くための復興対策を講じていくことが重要です。

 そこで、本町の早期復興を成し遂げていくために現時点における基本的な考え方を示す「甲佐町復興指針」を策定し、この指針を基に全庁体制で総力を挙げて復興対策を強力に推進していきます。

 

 甲佐町復興指針「〜創生を見据えた復興へ〜」

1.復興に向けた庁内組織体制方針

 震災発生後1か月が経過し、応急仮設住宅の建設も始まるなど一定の成果が表れているため、これまで応急対策に取り組んできた災害対策本部に加えて、新たに震災復興への対応として町長を本部長とする「甲佐町震災復興対策本部」を設置し、企画課を統括主管課として組織間の横断的調整を図りながら、復興対策を強力に推進します。

 現在設置されている「甲佐町災害対策本部」については、応急対策に目途がついた段階で「甲佐町震災復興対策本部」に統一を図ります。なお、国・県・他自治体などに対しては、継続して人的・財政的支援を要請します。

  1.  「震災復興対策本部」の設置

 

2.震災復興計画の策定方針

 町民の皆様に対して、早期に被災地の面的な整備方針や将来への道筋を示していくことを重要な課題と捉え、町民と一体となった復興計画を早期に策定します。

  1. 災害復興計画の策定(着手時期:7月 策定時期:11月)
  2. 復興会議(企画審議会)および復興計画策定委員会(仮称)の創設

 

3.町民の生活再生・都市基盤の復旧方針

 高齢者で被災された方々や仮設住宅での生活を強いられる町民に対する生活再建を最優先課題と捉えます。そのため、住宅の再建や生活支援、都市基盤の再生、医療福祉や被災者ケアなどを積極的に支援します。

  1. 復興住宅の建設
  2. 住宅再建への支援策の検討
  3. 公共土木施設災害復旧工事の推進
  4. 応急仮設住宅入居者への支援(医療・福祉・精神的ケア等)活動
  5. 文教施設を含む公共施設などの復旧推進
  6. その他

 

4.産業再生方針

 農業をはじめとする産業基盤の被災により、地域経済の活力の低下が懸念される状況にあります。産業再生・復興については、単なる再生・復興に留まらず更なる持続的な発展を目指します。

  1. 農林業施設災害復旧工事の推進
  2. 農林業の再建への支援策の検討
  3. 商工業の再建への支援策の検討
  4. 誘致企業の再建への支援策の検討
  5. その他

 

5.安全・安心に暮らせるまちづくり方針

 今回の震災の経験を活かし、本町の持続的な発展に向けて防災体制の強化や防災拠点の整備等を進め、安全・安心に暮らせるまち、災害に強いまちを目指します。

  1. 地域防災計画の見直し(災害対策本部機能の見直しを含む)
  2. 避難所の見直しおよび機能強化策の検討
  3. 自主防災組織の強化策
  4. 予防防災活動の推進
  5. 震災に係る総合相談窓口の設置
  6. その他

 

6.応急対策の継続方針

 震災発生から迅速に対応している応急対策については、被災者の方々の生活再建の第一歩になることから、今後も引き続き取り組みを行い早期に完了するよう努めます。

  1. 応急仮設住宅の受付および早期入居
  2. 被災者生活再建のための各種支援制度への取り組み
  3. 震災ごみの受け入れおよび損壊家屋等の解体除去
  4. 災害義援金等の支給
  5. 被災・罹災(りさい)証明書の発行
  6. 被災者台帳の活用
  7. その他

 


お問い合わせ

甲佐町役場 企画課 企画政策係
電話番号:096-234-1154この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る