前のページに戻る

甲佐町の民謡と民話

更新日:2016年2月22日

民謡

甲佐歌謡

作詞 野口雨情
作曲 不詳
補作・編曲 出田敬三

  1. 肥後の甲佐はナ肥後の甲佐は鮎なら名所
    ソレよいよいよいとせのせ
    お梁落鮎見においでサテ見においで
    ソレよいよいよいとせのせ
  2. 春が来たやらナ春が来たやら大井出端の
    ソレよいよいよいとせのせ
    並木柳の芽がのびるサテ芽がのびる
    (以下同じ)
  3. 手蝶山からナ手蝶山から蝶々でさえも
    ソレよいよいよいとせのせ
    手拍子幕ふて飛んでくるサテ飛んでくる
    (以下同じ)
  4. 月は仰ぐナ月は仰ぐ鵜の瀬あたり
    ソレよいよいよいとせのせ
    河原千鳥が啼いてゆくさて啼いてゆく
    (以下同じ)

民話

甲佐町には、語り継がれる民話があります。

  猿王堂(さるおうどう)

装飾画像


さるおうどう  村人たちは、さるに助けてもらった事を感謝し、さるの王のためにお堂をつくったお話。
猿王堂(さるおうどう)のお話を見る

鵜の瀬ぜき(うのせぜき) 

装飾画像


うのせぜき  洪水を防ぐために堤防を作る」その時のお殿様加藤清正公のお話です。
鵜の瀬ぜき(うのせぜき)のお話を見る


お問い合わせ

甲佐町教育委員会 社会教育課 社会教育係
電話番号:096-234-2447この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る

  

カテゴリ内 他の記事