前のページに戻る

子ども・子育て支援新制度

更新日:2016年11月2日

平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が始まりました。

1.保育所等を利用するためには、「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

 

表:3つの認定区分
認定区分対象となる子ども利用できる主な施設
1号認定お子さんが満3歳以上で、幼稚園等の教育を希望される場合

幼稚園(新制度移行園)

認定こども園

2号認定お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合保育所認定こども園
3号認定お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合

保育所

認定こども園、地域型保育

 

2.保育の必要量(保育所等の利用可能な時間)について、その就労時間などに応じて次のいずれかに区分されます。

保育標準時間

保育所の利用時間

最長11時間毎日

就労を想定した場合の条件(保護者の就労時間)

父120時間以上毎月

母120時間以上毎月

 

保育短時間

保育所の利用時間

最長8時間/日

就労を想定した場合の条件(保護者の就労時間)

父又は母いずれか

48時間〜120時間未満毎月


  

※月48時間未満の就労時間については、保育を必要とする事由に該当しません。
※120時間の目安:週5日 1日6時間勤務

3.保育料の算定基準について

 毎年6月に確定する保護者の市町村民税の均等割・所得割により決定します。
平成29年4月から8月分の保育料は平成28年度の市町村民税額により決定し、9月から翌年3月分については、平成29年6月に確定する平成29年度の市町村民税額で決定します。
 


お問い合わせ

甲佐町 福祉課 子ども・障がい福祉係
電話番号:096-234-1114この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る