前のページに戻る

風水害対策について

更新日:2012年1月26日

集中豪雨に要注意!

 集中豪雨は、短時間の内に狭い地域に集中して降る豪雨のことで、梅雨の終わり頃によく起こります。狭い地域に限られ突発的に降るため、予測は比較的困難。

 中小河川の氾濫や土砂崩れ、崖崩れなどによる大きな被害が予想されます。崖付近や造成地、扇状地などは気象情報に十分注意し万全の対策をとるようにしましょう。

※緊急指定避難所については以下のリンクをご覧ください。

緊急指定避難所


風水害に備えて

 

表:熊本県の大雨注意報・警報の発表基準
大雨注意報大雨警報
大雨によって災害が起こるおそれがあると予測される場合。具体的には次の条件に該当する場合です。大雨によって重大な災害が起こるおそれがあると予測される場合。具体的には次の条件に該当する場合です。
1時間雨量が20mm 以上又は1時間雨量が60mm 以上 但し総雨量110mm以上又は
3時間雨量が60mm 以上又は3時間雨量が120mm 以上又は
24時間雨量が120mm以上になると予想される場合24時間雨量が250mm以上になると予想される場合

風速と被害

 

表:風の強さと吹き方
平均風速(m/秒)10〜1515〜2020〜2525〜3030〜
予報用語やや強い風。強い風。非常に強い風(暴風)。猛烈な風。
人への影響風に向って歩きにくくなる。傘がさせない。風に向かって歩けない。転倒する人もでる。しっかりと身体を確保しないと転倒する。立っていられない。屋外での行動は危険。
屋外・樹木の様子樹木全体が揺れる。電線が鳴る。小枝が折れる。樹木が根こそぎ倒れはじめる。
車に乗っていて道路の吹流しの角度、水平(10m/s)、高速道路で乗用車が横風に流される感覚を受ける。高速道路では横風に流される感覚が大きくなり、通常の速度で運転するのが困難となる。車の運転を続けるのは危険な状態となる。
建造物の損害取り付けの不完全な看板やトタン板が飛び始める。ビニールハウスが壊れ始める。鋼製シャッターが壊れ始める。風で飛ばされた物で窓ガラスが割れる。ブロック塀が壊れ、取り付けの不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める。屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる

 

1時間雨量の目安-速めに適切な行動を

 

表:雨の強さと振り方
1時間雨量10〜2020〜3030〜5050〜8080〜
予報用語やや強い雨。強い雨。激しい雨。非常に激しい雨。猛烈な雨。
人の受けるイメージザーザーと降る。どしゃ降り。バケツをひっくり返したように降る。滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)。息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる。
人への影響地面から跳ね返りで足元がぬれる。傘をさしていてもぬれる。傘は全く役に立たなくなる。
屋内(木造住宅を想定)雨の音で話し声がよく聞き取れない。寝ている人の半数くらいが雨に気がつく 。
屋外の様子地面一面に水たまりができる。道路が川のようになる。水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる。
車に乗っていてワイパーを速くしても見づらい。高速走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる(ハイドロプレーニング現象)。車の運転は危険。
災害発生状況この程度の雨でも長く続く時は注意が必要。側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる。山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要。都市では下水管から雨水があふれる。都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある。マンホールから水が噴出する。土石流が起こりやすい。多くの災害が発生する。雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

 

大雨情報をキャッチしたらわが家でこんな安全対策を!

  • ラジオやテレビなどで気象情報にはくれぐれも注意をする。
  • 町や防災関係機関の広報をよく聞いておく。(有線放送でもお知らせします)
  • 停電に備え懐中電灯や携帯ラジオを用意する。
  • 非常持出品を準備しておく。
  • 外出からは早く帰宅し、勤務先の家族と連絡を取り、非常時に備える。
  • 浸水に備えて家財道具は安全な場所へ。
  • 飲料水や食料を数日分確保しておく。
  • 危険な土地ではいつでも避難できるよう準備をする。

家の風水害対策

【屋外】災害に負けないための積極的安全対策

台風や豪雨の到来は予測できるからと安易に考えてはいけません。大雨や強風は私達に何度も大きな災害をもたらしています。油断せず日頃から十分な対策を立てておきましょう。

  1. アンテナ支線の補強
  2. 雨戸や窓の補強
  3. 鉢、プランターなどベランダの小物を取り込む
  4. 物干竿がとばされない様にする
  5. 床上浸水に備えて家財道具の移動
  6. 自動販売機の転倒防止の強化
  7. 屋根や看板などの安全点検
  8. ブロック塀や石垣の崩れの補強
【屋内】情報をよく聞いて備えを早めに!
  • 停電に備えて懐中電灯や携帯ラジオの準備を
  • 避難に備えて貴重品などの非常持出し品の準備を
  • 気象情報を注意深く聞く
  • むやみに外出しない
  • 断水などに備えて、飲料水などを確保しておく
  • 浸水などの恐れがあるところでは、家財道具や食料品、衣類、寝具などの生活用品を高い場所へ移動。
  • 高齢者や乳幼児、病人などを安全な場所へ

お問い合わせ

甲佐町役場 くらし安全推進室 くらし安全推進係
電話番号:096-234-1167この記事に関するお問い合わせ


前のページに戻る